『アークナイツ:エンドフィールド』が気になったので現時点の公開情報を雑にチェックしてみた

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村のグラブルブログランキングに参加中です。

Hypergryphがタワーディフェンスゲームの「アークナイツ」の世界観を踏襲した新しいゲームが開発中だと聞いて、情報をチェックしてみました。(アークナイツは開発がHypergryph、日本版の運営はYostar)

公式で上がっている実機プレイ動画がこんな感じです。

アークナイツ本体をプレイしていないので舞台設定などについてはよくわかりませんが、かなり力を入れて開発されているタイトルである事は伝わってきますね。

フィールドを動き回って探索ができるようですが、戦闘突入時はどうなるのか気になります。

https://endfield.hypergryph.global/ja(公式サイト)

『アークナイツ:エンドフィールド』正式発表。世界を開拓する、 3Dリアルタイム戦略RPG

プレイ環境としては、スマートフォン、PCに対応しているようです。最近出てくるゲームはクロスプラットフォームが増えてきていますね。

見た感じだと3Dオープンワールドゲームぽく見えますが、アクションではなくリアルタイム戦略RPGとのことです。

…3Dの、リアルタイム戦略RPG…?

未来型戦略RPG「タイムディフェンダーズ」は本当に戦略性が高いのか? - GAME Watch

…。

タイムディフェンダーズ、死産でしたねぇ…。

(タイムディフェンダーズというのは、「キングスレイド」の運営をしているVespaが2021年に新規タイトルとしてリリースしたゲームです。筆者もCBTには参加していました。)

※タイムディフェンダーズの参考動画

アークナイツが2Dだったので、Vespaの強みを活かした3Dのタワーディフェンスゲームを…というアイデアはそんなに悪くなかったと思うのですが、ただ3D化すれば良いというものではないですよね。

今回発表されたエンドフィールドのプレイ動画を見ていると、「どこで差がついたのか…」と思ってしまいます。やはりステラファンタジーに主力スタッフが流れてしまっていたからという事なんでしょうか。

ちなみにアークナイツ本編は一時期ちょっとやってみようかとインストールはしていました。ただ半年ほど出遅れだったので「後発でついていくのはキツイかなー」と考えた結果、なぜかもっと後発スタートになってしまうグラブルを選んだという経緯だったと思います。

(中途半端な後発組になるなら、超古参がいるゲームの方が割り切って初心者としてスタートできる…みたいな考え方はあったかもしれない)

アークナイツのストーリー自体は面白そうだなーと思っています。あとアーミヤはかわいいと思います。他のキャラはあまりよく知りません。

今から後発でアークナイツをガッツリやることはないと思いますが、機会があれば新作の予習がてらちょっと触ってみるのも良いかもしれませんね。

あと買い切りのゲームとして、ターン制RPGゲームも開発されているとのこと。これはHypergryphが直接日本向けに販売するようですね。

公式サイト https://exa.hypergryph.com/jp/

Hypergryph期待の新作『エクスアストリス』の魅力を東京ゲームショウの展示内容から紐解く【TGS2021】

コメント

タイトルとURLをコピーしました