【グラブル】ガレヲン杖(巌迫の躯杖)が実装された感想所感その他

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村のグラブルブログランキングに参加中です。

「こんな武器が来たらヤバい」と想像していた物よりも更にヤバい武器が来たという印象です。

個人の意見が多く含まれますが、所感など書いていきたいと思います。

▼大まかな性能

「編成の中に同じ武器が3本ある」という条件を満たすと、ガレヲン杖1本につきEX攻刃40%、防御25%、ダメージ上限特殊枠7%(上限20%)の効果が発揮されます。
(この効果は、編成内に3本同じ武器が2セット入っていたとしても倍になったりはなりません。)

ダメージ上限UPは特殊枠であり、従来の「邪枠」とは別で更にダメージ上限を伸ばす事が可能です。

更に、それに加えて通常攻刃12%、HP12%の神威が付いてきます。ガレヲン杖を増やすたびに自然に通常攻刃とHPを伸ばしていく事が可能です。

闇属性のリッチ斧や光属性のハルモニアは攻撃一辺倒の武器でしたが、ガレヲン杖はHPや防御にも影響があるという点でかなり高難易度でありがたい武器という印象です。

防御力UPは「堅守」などの効果と同枠加算で、上限は400%となっています。

注意点

リッチ斧やハルモニアと比較すると与ダメ加算効果がないというのが(一応の)弱みで、多段ヒット編成においては約定武器ほどのインパクトはないという声も出ています。現状ではミーレス土斧やイシェドなどの与ダメ系武器を併用し、カバーするのが基本となりそうです。

ダメージ上限UPが特殊枠になっているという点も、特殊枠+邪枠で合計40%まで積むことはかなり困難です。ガレヲン杖を2〜3本積んだ時点で支配の天秤も使えなくなるので、特殊枠20%+四象拳邪7%=27%あたりが現実的なラインです。
(コスモス武器や宝剣アンダリスなどを併用すれば30%以上になります。あるいは、邪枠を積むために石油武器を取ろうと考える方も出てくるかもしれませんね。)

また周知の通り、土属性は賢者カイムの存在があり、この武器を1本だけ持っていてもハイランダー編成を崩すほどの恩恵は得られない状況が大半です。(1本で使うケースが全く無いというわけではないです。)

▼カイムハイランダー最強時代の終焉(ただしコスパ編成としてのハイランダーは残る)

今までも一部の編成ではカイムを入れずにハイランダーを崩すパターンはありましたが、それは奥義やアビリティダメージ(主にTOT)などでのワンパン編成に特化したもの、スパバハでのアビダメ軸など限定的な場面での運用に留まっていました。

今後は、ガレヲン杖が複数本入れられる状況においてはカイム外しが最適解となります。そのため、「カイム逆位置を使うのはガレヲン杖が複数用意できないプレイヤーのみ」という感じになっていきそうです。とはいえ、いきなりこの武器を3本揃える方は少数派だと思いますので、カイムを起用するプレイヤー人口はまだまだ多いと思われます。(しばらくは)

また土属性はゴリラ召喚や水着マンドラゴラのサブ加護などの効果も大きく、短期火力だけを見るのであればカイムハイランダーでもそこまで大きな差にはならないという意見もあります。

ガレヲン杖3本→ カイム逆位置から卒業
ガレヲン杖2本→ シチュエーションと手持ち武器によってはまだカイム逆位置を使う
ガレヲン杖1本→ カイム逆位置を使う

という感じになるのかな?という印象です。

ただ今後の環境変化にもよるので、あくまで現時点ではという話になります。

極端な例ですが、筆者もよく使うガレヲンジョー3本積みの奥義ワンパン編成などであればガレヲン杖1本でも編成には入ってくると思います。

ミーレスとか礎武器とか用意できてない人でもイシェドさえ頑張って集めれば…みたいな感じにはなりそうです。上記2パターンの比較では、与ダメ加算量はイシェド3本の方が3万高く、与ダメ加算抜きの素の火力は同程度、ダメージ上限系はカイムハイランダーの方が高いという事になります。

また、カイムの逆位置効果が必要なくなった場合、状況によってはカイムを表に出して使うという方針も考えられます。ダブルディールでツープラトンを2連続使用するなど、使い方次第では面白い動きが可能です。

▼土ディアンサの株、ちょっと上がる

カイム逆位置効果を卒業すると、カイムと同枠のダメージ上限UP効果(主人公のみ)を持っていた土ディアンサの需要が上がりそうです。

主人公のみかつ5%の効果量ではありますが、ガレヲン杖のダメージ上限UPとは共存するためディアンサの有無でダメージがギリギリ届いたり届かなかったりする場面はあるかもしれません。

▼優先度が下がった武器

ガレヲン杖の登場で、わざわざ作る優先度が下がったなと個人的に思う武器は下記のとおりです。

バーベル・パラシュ・カルンウェナンなど

今後、ガレヲン杖を複数積むことを考えると、もうわざわざバーベルでHPを盛る必要がなくなりそうです。(ハイランダーならまだまだ使えます)

高難易度であればガレヲン杖3本、八幡薙刀、タワー斧、終末の神器…とこの時点で守護82.5%。両面ティターンでHP330%UP、ガレヲン石凸済みなら346.5%となっています。

ここにハングドマン槍を加えると、378%。ガレヲン石完凸込みで396.9%まで行きます。

つまり、ガレヲン杖3+八幡薙刀+無課金武器でHP%増加はほぼ上限まで行くのです。
(さらにHPを盛りたいという場合は、コスモス武器を入れたり、武器ステを盛る方向になります。)

ハングドマン槍がない場合はウォフ銃もありますし、技巧編成なら刃鏡片もあります。
マグナ枠でオールドペルセウスを入れる場合はそこでも+12%あります。

すでにバーベルを作成済みの方はそのまま使っていても良いのですが、現時点で未作成の方が新たにバーベルなどの武器を作る必要性は薄れたと言えるでしょう。(今後ガレヲン杖を作らない予定だという方は別です。)

ハングドマン槍

依然として強い武器であることは確かなのですが、ガレヲン杖実装により武器枠の余裕がなくなり、作っても使われない可能性は高まったと思います。

ガレヲン杖実装前であればそれこそハイランダーで1本入れるという需要がありましたが、ガレヲン杖以外にも「ワールドエンド2本入れたい」「一振を2本入れたい」というケースも出てくるでしょうし、礎武器同士での比較ではタワー斧の方が優先されやすいためハングドマン槍の出番は減りそうです。
「HP回復手段として欲しい」というパターンは考えられますが、「他の属性よりも優先して土の礎武器を2つも作るべきか?」というとやや疑問符です。

もちろんこれらの武器については人それぞれ意見は違うかもしれませんが、少なくとも筆者はガレヲン杖の実装を受けて上記2種の武器の作成を目指すのはやめました。
礎武器については賢者最終などでまた話が変わってくる可能性がありますが、ひとまず後回しで良いという判断です。

技巧系武器

複数の武器枠を占拠しがちな技巧系武器も、やや使いづらくなりそうです。

仮にガレヲン杖3本、終末、オメガを入れて、ワールドエンド2本でも入れようものならその時点で武器7本です。ジョブによってはメイン武器が縛られる可能性もあり、残り武器枠2本では確定技巧編成を組むのに苦労する可能性がありそうです。

スパバハなどEXTRA枠の編成を使う場合はオメガ武器などをそちらに追いやることができますが、それでも1枠余裕ができる程度です。

セラステスが2本入れてもあまり恩恵のないステータスになっているという点も大きいです。

必要なくなったとまでは言えませんが、作成前にやや慎重になった方が良いかもしれません。

▼優先度が上がった武器

逆に需要が高まった武器もあります。

ワールドエンド2本目…今までは1本あれば良い武器でしたが、2本目の作成優先度が一気に上がりました。特に高難易度でアビダメ編成を組むのであればガレヲン杖3+ワールドエンド2という組み合わせは使われそうです。(起用キャラ次第ですが)

一期一振2〜3本目…ダメージ上限系よりも素の火力を重視したい場面では、一期一振を複数積む場面も今までより出てきそうです。

イシェド3本目…こちらは短期目線になると思いますが、TOT編成や通常軸のワンパン編成などではイシェド複数積みの需要も上がりそうです。特に、ガレヲン杖が3本未満の場合、イシェドを3本積んで発動条件を満たそうというシチュエーションも考えられます。

ガレヲンジョー3本目…こちらは言わずもがな奥義ワンパン編成向けです。これはガレヲン杖実装前から存在しており、ガレヲン杖登場で強化された形になります。ガレヲン杖が3本未満の場合、ガレヲンジョーを3本積んで発動条件を満たそうというシチュエーションも考えられます。

スカル短剣2本…ハイランダーにこだわらなくて良いという事は、修羅武器を2本入れる編成も自然に使えるようになってくるという事になります。現時点でスカル短剣2本用意できる方は少ないと思われますが、背水アタッカーはサラーサ、スカル、アイル、フィオリトなど選択肢がそれなりに存在します。(ただしフィオリトは拳染めが作りにくくなった感もあります。)

ゴブロ斧3本目)…ガレヲン杖2本+ゴブロ斧3本というマグナ編成も考えられるようになりました。ガレヲン杖には通常神威が付いているので、リッチ斧やハルモニアに比べるとマグナ向けではないのですが、普通に強いと思われます。特にカイム未加入の初心者で、運良くガレヲン杖が手に入った方であれば試す価値はありそうです。

土属性は、どんなに優秀な武器でも「とりあえず1本あればOK」という感じだったのですが、今回の武器実装でその前提が根底から覆ってしまったので注力する人は大変そうだなと思います。土専用の人権石も多いので、かなり高コストな属性に変貌した感があります。

▼土古戦場への影響

直近に予定されている土古戦場においては、「環境変化があれば95HELLが2召喚の2ターン〆ではなくなるかもしれない」と予想していたのが的中してしまう形になりそうです。

>過去の95HELLでは6ポチ2召喚より7ポチ1召喚の方が明らかに速かったので、ゴリラ召喚を省いたムーブが可能であればその方が良いかもしれません。そうすると、誘惑のチェイン→虚詐のチェインにしてベルゼバブ×ティターンの編成がテンプレになってくる可能性が高いと思います。

…ただし、その達成ハードルは想像していたよりもかなり高いものでした。

ガレヲン杖の登場前は筆者が知る限りで「4ポチ2召喚の2ターン〆」が最短でしたが、ガレヲン杖を使えば4〜5ポチ1召喚の2ターン〆でも届きそうな気配です。(追記: 3ポチ2召喚で届く可能性もあるようです。)

仮に5ポチ1召喚だったとしても古戦場ボスは登場演出が木人より長いため、召喚が1つ省略されるのはそれなりに大きいでしょう。また「フレンドでゴリラを借りなくて良い」というのが人によってはかなりのメリットになるかもしれません。

もちろん150HELL以降もガレヲン杖の有無でかなり状況は変わってくると思われます。

▼まとめ

リッチ斧やハルモニアがひとまず2本でOKという感じだったのに対し、この武器は3本セットが基本目線となるため、なかなか敷居の高い武器になっていると思います。

ただキャラのガレヲン自身も強いため、まず1本は入手しておいて良いとも考えられます。土強化をそんなに急がないという方であればまずガレヲンだけ加入させ、その後に2本目が運良く手に入ったら一気に3本目を目指すのが良いかもしれません。

もちろん土に注力している方、運良く3本手に入った方は迷わず完凸で良いのではないでしょうか。筆者はとりあえず天井での1本入手のみとなりそうです。

また細かい計算や使用感などがわかれば追記したいと思います。

以上個人の意見としてご参考まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました