光スパバハソロ討伐動画が凄すぎた…(語彙力)感想と考察を書きます。

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村のグラブルブログランキングに参加中です。

Twitterでスパバハのソロ討伐に成功した方が現れ、編成と動画も公開されました。

公開されてすぐにフルで見たのですが、編成、ムーブ、立ち振舞い全て完璧で芸術的と思えるものでした。

まだ見ていない方は是非下記からどうぞ。

あまりに無駄のない動きであることに驚かされました。30分で167ターンですから、1ターンに掛けられる時間は平均10秒程度という計算になります。
それで30分ギリギリの戦いで、同じ装備やキャラを持っていても真似できる人はほとんどいないと考えられます。

筆者も正直同じ時間で同じ動きをすることはできないと思うのですが、今後他の高難易度や他の属性での攻略で役立つ部分もあると思ったので、動画を見てポイントとなる部分を研究してみました。

第三者の考察なので的を外している部分もあるかもしれませんが、考察を深めたいので気づきを以下で書いていきたいと思います。(あくまで個人の感想と気付きのメモという立ち位置になります。間違いがありましたらご指摘くださいm(_ _)m)

追記: トーメンターの秘器と、10%以降の動きについて書き足しました。

【使用キャラ概要・考察】

キャラアビリティの数値などは基本的にはGamewithを参考にさせていただきました。
超越ソーンの回避率・スロウ成功率のデータなどはKamigameを参考にさせていただきました。

▼マイシェラ(開始時+89%〜82%)

消去不可の永続バフを付与できます。

このアイコンです。

1アビが攻撃系で久遠枠の攻撃力30%UP、連撃率UP(DA100%+TA20%)、ダメージ上限5%UP。2アビが防御系で防御UP、ブロック、弱体耐性UP。
いずれもCT8なので、開幕付与したら一旦退場し、後でまた蘇生で戻ってくるというムーブで使われています。2回目の登場では3アビの単体HP全回復も担うことができます。

マイシェラのバフ付与相手としては主人公・マキラ・シヴァの3人になっています。(ソーンには付与できないため、ソーンはマキラ3アビのみ付与されています)

▼クリスマスマキラ(常時フロント)

1アビで消去不可の「光慧効果」を敵に付与し、光アビダメ1224万が発生するごとに約122万の無属性ダメージを与えます。5回発動時でリンネ2本入りであれば600万前後のダメージを稼げるため、ダメージソースとしても使われます。
サポアビ効果により、10ターン経過以降はアビリティを2連続使用できるようになるため使用頻度も高くなります。

光慧効果は他のキャラのダメアビにも反応して発動するため全体の火力を底上げする重要なアビリティです。

2アビはそこまで火力が出ないため基本的にデバフ入れ直しが不要な時は使わなくて良いようです。動画では序盤は累積属性デバフ目的で使われ、中盤以降はスロウが必要な時に使われているという認識です。

3アビはマイシェラの永続バフとも共存可能で、光属性攻撃50%、防御100%、ダメージ上限10%、回避率30%を付与します。更に回避成功時にダメアビ発動、3アビ効果中の味方が奥義を使うとHP回復するという内容になっています。

マキラ3アビのアイコン

耐久面の肝であるとともに、後半のガード進行でダメージを稼ぐ手段としても活躍しています。(風神意Lvが10のままなのである程度デバフを入れていても敵は連撃をしてくる可能性が高く、回避を発動するチャンスもそれだけ多いという事になります。)

▼水着シヴァ(常時フロント)

極大奥義持ち、かつ3アビでそれを2回発動にすることもできるダメージソースです。(動画でも1番ダメージを稼いでいます。)

2アビ効果&サポアビ効果によりヒーラーとしての役割も担います。

更にサポアビで常時ディスペルガード(強化解除無効)となっているため、闇神意10の状態でも気にせず立ち回ることができます。

1アビは高火力ですが演出が長いため、基本的にリロード必須となるようです。

▼光カリオストロ(序盤〜90%+10%以降)

3アビを使うことで10%突入後の対応ができる他、弱体試練や60回ヒット試練なども3アビで対応することができるキャラです。

1アビは消去不可の奥義・連撃バフとなっていて、主人公・マキラ・シヴァの3人に付与されます。

カリオストロ1アビアイコン

2アビは全体奥義バーストとしても使用でき、動画では10%突入後に使用されています。

▼超越ソーン(82%〜10%)

回避成功時にスロウ効果のあるダメアビを発生するため、ダメージ貢献と敵特殊技遅延を両立させられるキャラです。回避時発生ダメアビは硬直時間にも寄与しないため、時短要素にもなっています。

2アビ・3アビでデバフを付与しつつ、奥義使用ごとにリキャストされる3アビでダメージを稼ぐこともできます。(デバフ成功率については後述)

ソーン1アビと主人公のディヴォーションと合わせて単体特殊技(ターミネーションフレア)も対応できます。(ビッククランチは無属性なので不可)

【トーメンターの秘器について】

スロウパウダー、アサシンブレード、レイオマノ、リフレイン
白煙弾+、オーバーパワー、鎮静剤、アドレナル
の8つを持ち込まれています。

下記は最終ターン開始時点で「残っていた」秘器の数のスクショです。

白煙弾+は使用回数10回に対して最後に残っていたのが3つでした。
スロウパウダーは使用回数10回に対して最後に残っていたのが7つでした。

リフレインは奥義6回試練などに使われています。これは使用回数2回上限に対して2回使い切っています。
オーバーパワーは最後の押し込み時にカリオストロの3アビと一緒に使われています。使用上限3回に対して2回使用されています。

アドレナル(奥義即時発動)は最終ターンの奥義フルチェの時に1回使っています。

鎮静剤は動画内では使われていないのですが、弱体10回試練が6ターン目に来た場合、マンドラゴラ+カリオストロだけでは足りなくなる可能性があるのでその保険として入っているものと思います。

レイオマノも使われていません。おそらく、無属性333万試練の時にマキラ1アビの無属性ダメージをうまく発生させられなかった場合に保険として入っているのかなと思われます。

残っている秘器の数を見ると、最低限の秘器しか使っていないですね。

【防御デバフについて】

土神意が10のままなので、大量のデバフを入れなければ敵の防御値が非常に硬い状態になってしまいます。
採用されている防御デバフをチェックしてみると、

・ミゼラブルミスト(両面枠25%)
・ベルゼバブ召喚(40%)※穿孔効果のある1Tだけ追加で50%ダウン
・マンドラゴラ召喚(累積枠10%×3回)
・マキラ2アビ(光属性枠25%)
・ソーン2アビ(25%)
・130ソーン3アビ(10%)

これを合算すると、155%の防御デバフとなります。土神意の150%バフ(15%×Lv)を相殺するところまでは防御を下げることができているようです。

【敵の弱体耐性について】

水神意が10のままなので、敵の弱体耐性は+80%となっている状態になります。

ベルゼバブ石の効果で20%は下げることができますが、それでも弱体耐性60%です。このままでは基礎成功率200%のデバフでも弾かれる可能性がありますし、基礎成功率100%のデバフはもっと安定しません。

その部分をどうクリアされているのか見てみます。

・ベルゼバブ召喚(弱体耐性20%DOWN)
・マンドラゴラ召喚(弱体耐性累積10%DOWN×3回)
・ソーン2アビ(弱体耐性10%DOWN)
・アークの奥義効果(弱体成功率15%UP)

これで、「基礎成功率100%」のデバフがどのくらい成功するか計算してみます。

(基礎:100%+UP:15%) × (100%-(耐性:80%-DOWN:60%)) =92.0%

…えっ。こんなに成功するんですか…?(素)



更にソーンは「敵の数1体時→弱体成功率UP10%」「LBで弱体成功率10%×2」を持っています。これも考慮して計算してみます。

(基礎:100%+UP:45%) × (100%-(耐性:80%-DOWN:60%)) =116.0%

(基礎:90%+UP:45%) × (100%-(耐性:80%-DOWN:60%)) =108.0%

ソーン2アビの弱体耐性ダウンは基礎成功率100%、同じく2アビの攻防ダウンは基礎成功率90%とのことですので、いずれも耐性ダウンのデバフをしっかり入れれば確定で入ってしまうようです。

なお、攻略の鍵となるソーンの回避時スロウの基礎成功率は100%とのことです。つまりソーン回避が発動すればスロウは間違いなく成功するという事になります。(デバフが切れてなければ)

【ソーンの回避について】

150ソーンの回避がどのくらい成功するかも重要なポイントなので、こちらの確率も見ておきたいと思います。
(なお、この効果は暗闇でのミスや幻影効果による回避は対象外とされています。)

まず、ソーンにはマイシェラのバフは付いていませんが、マキラ3アビは付いています。これで回避率は30%UPとなっています。

そしてソーンのサポアビで「敵の弱体効果数に応じて回避率UP」というものがあります。
この効果量ですが、弱体10個で30%と言われています。(出典:Kamigameより)

マキラのバフと加算なのか別個判定なのかは検証できていないのですが、仮に加算であると仮定すればこの2つだけで回避率60%程度あるという事になります。

敵連撃と再行動を考慮した回避確率

※最初に計算した時、スパバハの再行動バフを考慮に入れていなかったので再計算しました。

スパバハは、繭から出てきた後は毎ターン再行動するバフが付きます。
また風神意が10であるため、敵が全体TAするという前提に経つと毎ターン6回攻撃が飛んでくる計算です。
デバフで連撃率が下がってDAだったとしても4回攻撃です。

確率60%の回避が敵6回攻撃で一度も回避発生しない確率は0.41%程度です。
4回攻撃でも2.56%です。かなり信頼できる確率と言えそうです。

念の為、回避確率が加算ではなく別個判定だった場合の確率も計算しておきます。
確率30%の回避判定が攻撃1回につき2回判定、6回攻撃なら12回判定となるので、一度も回避しない確率は1.38%程度です。
DA×2の4回攻撃でも8回判定なので、5.76%程度です。

マキラ2アビや主人公のフォローがあることも考慮すれば十分と言えそうですね。

追記: 追撃部分の回避も別途判定が入るらしく、それも考慮するとほぼ回避は発動するという計算になるようです。

(ただ動画の中で何度か不発になっている場面は見受けられたので、連撃デバフの影響でスパバハのTAはそこまで出ていないのかもしれません。あるいは「暗闇」でのミスが結構発生している可能性も考えられそうです。リロードされているので実際のところはわかりませんが…)

余談ですが仮にこの編成をマルチで転用する場合、風神意が下がるとソーンの回避発動頻度が下がってしまうので風抜き部屋じゃないと採用が難しいという事になりそうですね。

【回復について】

回復量の多さも鍵となるので、これもチェックしてみたいと思います。

まず回復量UPのために「ヴァルテール(光パーシヴァル武器)」が入っているようです。
ヴァルテールは通常治癒小(回復上限UP)のスキルが付いていて、7.5%×加護で、両面ゼウスなら30%となります。

その上で回復要素として使われているのが
・シヴァサポアビ(再生500→2アビ効果中は1000)
・マキラ3アビ(単体1万)
・マキラサポアビ(奥義を使った3アビ効果中の味方が1000回復)
・マイシェラ3アビ(単体全回復)

動画を見ていると、マキラサポアビ効果での回復はキャラにより差がありますが1400〜1800/奥義となっていました。シヴァは3アビ使用後に2回発動するので3600程度回復を見込めます。

マキラの1アビも1.8万程度の回復をしています。

シヴァ2アビはCT10の5ターン効果であるため、大体半分くらいは効果量が強化されていると思って良さそうです。

【装備編成について】

前項にも書いた通り、回復量UPのためのヴァルテールが入っているのが特徴的です。

その他は堅守でスレイプニルシュー2本、アビダメのためにリンネ2本、素の火力補強のためにエデン2本、ほぼクリティカルになるようアーク2本という編成です。

終末武器の第3スキルは言及されていませんが、消去法で進境になると思います。
あとマグナ攻刃枠の武器はありません。枠がないのでこれは仕方ないですね。

考察が必要なのはアディショナル枠の2武器になると思います。

スレイプニルシュー、リンネが楽器であるため、ミーレス琴でEX攻刃は40%となっています。EX攻刃だけを見ればそこまでの効果量ではありませんが、奥義与ダメも上がる武器となります。

礎武器(スター銃4凸)は、スターを召喚する機会がないので本領発揮しているとは言えませんが、EX攻刃23%と通常攻刃・守護12%ずつのダブル攻刃武器となっています。アーカルム内ではないのでダメージ上限UP効果は発揮されていないと思われます。(違ったら教えて下さい)

キャラの得意武器がバラバラでオメガ武器が採用しづらく、バハ武器では神石編成での恩恵が薄くなるため、本領発揮せずとも礎武器の方が良いという事ですね。
(スター銃でも採用されるくらいなら、特殊効果が発揮できる他属性の礎武器はもっと活躍の余地がありそうだなと感じます。)

スター銃とミーレス琴でEX攻刃枠は63%となっていて、アスポンは採用されていません。アスポンが入っていない代わりに終末にはアビ上限UPが付いています。

仮にスター銃を抜いてミーレス琴2本にすればEX攻刃は80%になり、奥義与ダメも上がるのですがスター銃の方がHPを盛れるのでミーレス1とスター銃の方がバランスは良いかもしれません。
(HP満タンキープというわけでもないので、エデン1本にしてそこにミーレス琴2本目を入れても良い気はします。個人的には)

【ギミックや敵行動への対応】

▼アビダメ2000万試練

(動画内6T目) 無視されています。
(光属性なので、弱点属性攻撃をされても痛くないためと思われます。)

▼弱体10回試練

(動画内12T目) カリオストロ3アビ(4回)+マンドラゴラ召喚で対応されています。

▼奥義2000万ダメージ試練

(動画内18T目) 無視されています。
(全属性ダメカを使っていないため)

▼60回ヒット試練

(動画内24T目) カリオストロの3アビ(掌握)を使い、2ターンにまたがって対応されています。
シヴァ1アビなどヒット数の多いアビリティがある事や、通常攻撃がバフで連撃確定となっている点、アークの奥義効果で追撃が付与されている点などもポイントです。

▼ターミネーションフレア(CT技)

幻影もしくはガード受け。
奥義などで1500万ダメージ出して解除できる時は解除されていました。
もしくはスロウやソーン1アビ受けという選択肢もあるようです。

▼75%ダイダロスドライヴ

(動画内55T目) 全体かばう持ちがいないため、素受けされているようです。
(強圧が付くためしばらく回復できなくなります。)

▼創世の繭

(動画内91T目) 動画では繭突破に数ターン使っていますが、光の神意はほとんど上がっていません。

繭に入っている時の神意上昇は、Lv10のままになっている他属性も含めて抽選されるんですね。

この仕様であれば、無理に繭を1ターン突破するよりもその後の展開に向けて力を温存するのが良いという事になりそうです。動画では奥義ゲージを貯めるため、奥義OFFで進行されていました。

▼奥義6回試練

(動画内96T目) 繭に入っている間に奥義ゲージを貯めておき、主人公リフレイン、シヴァ3アビ(奥義即発動+再発動付与)で対応されています。

▼無属性ダメージ333万試練

(動画内102T目) ベルゼバブ召喚(300万)+光慧効果1回発動(122万)で対応されています。

▼アビリティ12回使用試練

(動画内108T目) スロウパウダー+ガード進行でアビリティを温存しておき、黒麒麟なしで解除されています。

▼ビッククランチ(CT技)

基本的にスロウを使って発動させません。(無属性ダメージなので、ソーン1アビでも避けられません)
ソーンの回避成功時発動のダメアビでスロウがあり、それが発動しなかった場合はマキラ2アビや主人公のスロウパウダーなどで対応できています。

▼10%シリウス・オリジン

(158T目、動画内26分〜27分頃) ソーンにディヴォーションを使用して対応(ソーンが退場してカリオストロと交代)されています。
デバフがほぼ通らなくなる10%突入前にソーンの2アビ・4アビでデバフ付与と効果時間延長をされているのが非常に上手いです。ソーンの本領発揮を見たという気がします。

シリウスオリジンの発動と同時に、敵に吸収効果が付与され、こちらの受けたダメージ×100 だけスパバハが回復します。これはシリウスオリジンで受けたダメージも対象となります。

(シリウスオリジンのダメージは99999/人の無属性ダメージですが、かばう効果で1人で受ける場合は24999×4人分=合計99996となります。)

これにより、シリウスオリジンを踏んだ後に一旦はスパバハがHP11%まで回復しています。

▼シリウス・オリジン以降 ラスト10%

(動画内159T目〜) カリオストロ3アビの掌握+黒麒麟2枚(封印3回分)で11%→4%まで削られています。

そこから2%までガードを使いつつジェネシスノヴァ発動の手前までダメアビ発動で削り、ラスト2%をフェイタルチェイン→奥義フルチェインで〆となっています。

チェックしておきたいポイントとしては、カリオストロ3アビ効果がない時の立ち振舞いです。カリオストロはマイシェラの防御バフなどがかかっていないため、ガード無しで動けば大きくダメージを受けてしまい、敵を回復させる要因になってしまいます。

一方で主人公・マキラ・シヴァの3人は防御バフがかかっている状態であるため、ガード無しで動いてもそこまでダメージを受けずにすみます。

実際に163ターン目を見てみると、ゼウス召喚でバリアを貼っていることもあり3人合計でも1ターンあたり1万もダメージを受けていません。仮にこちらの被ダメージが1万でも敵が回復するのは100万ですので、ガードせず動くことでそれ以上のダメージを稼いでいれば黒字となります。

164〜166ターン目は、主人公とシヴァはノーガード、マキラとカリオストロはガードでターン進行しています。ここで「マキラは防御バフかかってるのになぜガードしたの?」という点が疑問として出ます。

これは筆者個人の推測になりますが、おそらく概ね下記の理由だと思われます。

・マキラの奥義ゲージを温存して最終ターンでフルチェインをするため(主人公とシヴァは自身のスキルで即時奥義発動できるが、マキラは奥義発動アビリティを持たない)
・164ターン目に主人公とマキラが揃って奥義を打つと、奥義硬直が生じてしまい時間のロスになるため(主人公だけ奥義なら単チェなので硬直がない)
・ゼウスのバリアが切れているので、163ターン目に比べると164ターン目以降は被ダメージが大きくなってしまうため

主人公(トランスLv3)とシヴァ(通常攻撃与ダメUPサポアビあり)はいずれも火力が高いため、多少被弾して敵を回復させてもそれ以上のダメージを与えて黒字になります。

また最終ターン(166ターン)に奥義フルチェをしようと思った場合、カリオストロの1アビで奥義ゲージ効率がダウンしているため、ポンバを所持していないマキラは余裕を持って奥義ゲージを温存する必要があったという事だと思います。

【感想】

率直に言って「いいものを見せてもらった」という気持ちです。
針の穴に糸を通すような攻略で、編成だけでなく状況判断や操作も素晴らしいと思いました。

しかも過去のツイートを拝見すると、2020年の土古戦場が初古戦場だったと書かれていたのでグラブルの開始時期も自分とそんなに変わらないという事になります。ただただ驚きました。
(しかも元々は闇属性メインで、ゼウスに移行されたのはスパバハ実装後の事だそうです。)

自分はすぐに同じ挑戦をすることはできませんが、いつか自分も得意属性で挑戦してみたいと思いました。

「もっとここも注目した方がいい!」というところがあれば是非教えて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました