【グラブル】ベリアルHL素材「狡知の魔角」を節約する方法と筆者の運用状況

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村のグラブルブログランキングに参加中です。

「チェイン付け替えのたびにベリアル素材(狡知の魔角)を使うのがツライ」という声をよく耳にします。

「誘惑」「虚詐」のチェインは短期周回でよく使いますし、高難易度では奥義強化の「謳歌」なども使用頻度が高めです。筆者の場合、両面黄龍などでの短期奥義周回では「禁忌」も使用しています。

この記事では、筆者がどんな形でベリアルのチェインを運用し、素材を節約しているか紹介します。

※終末の暗晶やジェネフラ(ジェネシスフラグメント)を節約したい方にもオススメです。

【節約ポイント1】ドラゴニックウェポンを取る

まず筆者はドラゴニックウェポンを取って、終末が必要ない場面はそれで済ませたりしています。 作成にはダマスカス骸晶を使うので最初は大変ですが、これだけでもかなりベリアル素材の消費量が減ります。

最近ではオメガ武器に5凸が実装され、編成に入ってくる事が増えました。ですので、アビダメ上限や通常攻撃ダメージ上限はそちらに付けておく事も可能です。

オメガ武器のおかげで、「ドラゴニックウェポンを装備することで各種ダメージ上限UPが不足してしまう」という問題点は、以前よりも解消しやすくなってきました。

水属性だけスキルLVを上げていませんが、これは単純に水だけ使う機会がないためです。
今後使うかもしれませんが、水で短期周回する機会がほとんどなく高難易度を除けばウィルナスのフルオートくらいしかしてないというのが大きいですね。

▼ドラゴニックウェポンの使用頻度が高い属性

ドラゴニックウェポンの使用頻度が高いのは

・火…楽器ジョブのメイン持ちで優秀。風ダメ軽減がアテナ1アビやネモネ1アビとも好相性。

・土…高難易度でアナザーサンダルフォンと好相性。ロビンフッドでメイン持ちする場合も◎(マシンボウは基礎火力的にも耐久的にも弱いので入れたくない場合が多い。ヘラクレスは未所持)

・闇…リッチ1アビとの相性が◎。光ダメ軽減だけなら麒麟剣でも良いが、闇終末が虚詐や誘惑で使用頻度が高いのでドラゴニックウェポンもあると便利。

この3つはかなり頻繁に活用しています。

次点で使うのが風ですね。マグナ終末が誘惑のチェインでほぼ固定化されているので、安定重視のフルオート編成などはドラゴニックウェポンを使ったりしています。

▼ドラゴニックウェポンを実際に使った編成の紹介

例えば下記の記事では実際にドラゴニックウェポン入りの編成を採用しています。

【節約ポイント2】誘惑・禁忌のチェインは他属性終末も活用

あと誘惑のチェインや禁忌のチェインに関しては他属性ので事足りることも多いので、それで済ませる場合もあります。この2つは「加護の影響がない」ので、両面黄龍やバブ×黒麒麟などのマグナ・神石加護のない状況で使われる事も多いでしょう。

▼禁忌のチェインの他属性出張例

例えば下記は「禁忌のチェイン」を火マグナ終末につけて闇属性の編成に入れた両面黄龍の奥義ワンパン編成です。

火終末は武器種が「斧」で、リッチ斧のボルテージ適用対象となります。(また、アプサラスのサポアビの斧槍本数にもカウントされます。)

もちろん素直に闇属性の終末に禁忌のチェインを付けた方が火力は伸びるのですが、次善策としてEX攻刃16%を盛れる選択肢となっています。

この編成では禁忌のチェイン効果でコルルを敢えて瀕死にして「ちぇすと」を発動させている事もあり、終末武器が別属性でHPが低くなりコルルを瀕死にしやすくなるという利点もあります。

リッチ斧入りの編成では火終末を合わせましたが、他にも「ハルモニア」入りの光編成であれば土終末(楽器)に誘惑のチェインや禁忌のチェインを付けて合わせるという方法もあります。

特に禁忌のチェインを使う場合、奥義ダメージは余裕で上限を叩けているシチュエーションが多いので、この手法は割と活用しやすいのではないかと思います。

▼誘惑のチェインの他属性出張例

「誘惑のチェイン」に関しても、同属性の終末武器にこだわらず、別属性の終末につけてお茶を濁すことでかなり素材消費量を減らすことが可能です。

例えば下記は「CP限定クエスト」で使っている編成ですが、主人公は闇属性で終末は風属性(誘惑のチェイン)となっています。

【終末の運用状況】(本記事執筆時点)

本記事執筆時点で、筆者の終末の神器12本の第3スキルは下記のようになっています。

※筆者は闇・水・火の3属性が神石移行済みで、それ以外は変則的な使い方です。

闇神石…謳歌(高難易度用。短期周回で虚詐と付替えする事が多いです。一番素材消費が激しい…)
闇マグナ…誘惑(こちらに虚詐を付ける時もあります。)

光神石…渾身(進境や誘惑の時もあります。高難易度ではシュヴァ×ゼウスで使用することも。)
光マグナ…虚詐(つよばはなどで普段使いしています。誘惑の時もありますが現状ほぼ虚詐で固定)

風神石…誘惑(風マグナ終末が誘惑以外になっている時のピンチヒッター枠です。)
風マグナ…誘惑(ナルメア入りレスラー用。たまに謳歌などに変更されます。)

土神石…渾身(最近あまり使っていません。)
土マグナ…誘惑(短期周回用。黄金の騎士入りの奥義編成でもこちらを使用します。)

水神石…謳歌(高難易度用です。ただ付け替えが面倒なので雑魚相手でもこのままです。)
水マグナ…渾身(これは最近使った記憶がありません。)

火神石…虚詐(ヴァイキングのメイン。進境や謳歌にしている時もあります。)
火マグナ…禁忌(闇属性の両面黄龍での奥義編成に使っています。素材節約枠です。)

渾身が付いているものは昔の名残というパターンもあり、最近ではあまり使っていませんね。土はそう遠くないうちに神石移行する予定なので、その時に渾身から別のスキルに付け替えになると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました